コウモリ外交

2017/10/03

コウモリ外交 由来

 

 昔、鳥の一族と獣の一族がお互いに争っていた。

その様子を見ていたコウモリは、鳥の一族が有利になると鳥たちの前に姿を現し、「私は鳥の仲間です。あなたたちと同じように翼を持っています」と言った。

獣の一族が有利になると獣たちの前に姿を現し、「私は獣の仲間ですネズミのような灰色の毛皮と牙があります」と言った。

その後二つの一族間の争いは、終わり、鳥も獣も和解した。

 しかし、幾度もの寝返りをしたコウモリはどちらの種族からも嫌われ、仲間はずれにされてしまい、やがて暗い洞窟の中へ身をひそめるようになった。