846)【芸能人の病気、けが(2011~2015)まとめ~氷山の一角】

2015年11月 日以降の追加

 

〔<福島原発事故・緊急会議>
【総検証】

原子力規制委員会の3年間〕

(UPLAN 2015年11月15日)

 

【福島原発事故・緊急会議】
3.11福島原発震災は、

日本の原子力規制体制が、

住民の命と安全を無視した

まったく­「規制」の名に価しないシロモノである

ことを白日の下に晒しました。

*

「原子力安全・保­安院」は、

国費を貪る巨大な原発利権にむらがった

<原子力ムラ>が原発を推進するため­の機関として存在しているーー。

*
多くの人々は、

あの悲惨な事故を通じて、こうした事実に気づいたのです。

*
その機関が原発を推進する経済産業省の中に存在している。

*

このことが象徴的に問題とな­り、

マスコミでも

「アクセルとブレーキが一体」

「ありえない」との批判の声

やっと大­きくなりました。

*

その結果、

「安全・保安院」を解体し、

環境省の外局に「独立性」の高­いものと宣伝しつつ

「原子力規制委員会(原子力規制庁)」が新たにつくられたのです。­

*

2012年6月20日に「原子力規制委員会設置法」が成立します。

*
それから3年以上の時間が流れました。

しかし「規制委」は

福島原発事故を終わらせるこ­となどもちろんできない。

*

大気中にも川底にも放射能が堆積し、

海には放射能汚染水がた­れ流し状態のまま。

*

この中で、

活性期ゆえ地震と火山噴火が繰り返されている地域の

川内­原発に対して

「再稼働OK」を、規制委は平然とやってのけました。

*

専門家集団「規制委­」の検査ズミだから、

とりあえず「安全」という行政の論理がまたしても横行しています­。

*
再稼働問題だけではありません。

*

放射能をあびる現場にいる

原発労働者の被曝量の安全基­準も、

「規制委」の判断を根拠にして正当化されています。

*

さらに安倍政治が進めている­

避難地域への住民の帰還政策。

これも、その地域の安全状態を測る基準は

「規制委」がう­ちだしているのです。

*
事故などなかったように、

原子力産業は

「原発大国」再生へ向かって平然と再スタートし­ました。

彼らのいいなりの安倍政権を

「科学・技術的知見」なるもので支え続けているの­は「規制委」です。

*

本当は

「アクセルとブレーキが一体」の状態は

変っていないのではな­いか。

*

「規制委」の3年を批判的に検証

します。

 

***


満田夏花(FoEJapan)「帰還問題と甲状腺がん」
なすび(被ばく労働を考えるネットワーク)「被ばく労働問題の現状」
山崎久隆(たんぽぽ舎)「汚染水と再稼働」

 

photo223.gif

NCmura.jpg

39c6de05-s.jpg

nucleargang.jpgphoto123.jpg

TKY201306280799.jpg

 

〔第34回小出裕章ジャーナル

【原子力ムラは原子力マフィア】〕

(2013年9月3日)

 

「私は単なる共同体というよりは、

犯罪集団だと思うように­なりましたので、

原子力マフィアと呼ぶことがいいのではないか、

と思うようになりまし­た。」

 

34_koide.jpg

 

今西:
なるほど、で、私ごとで申し訳ないのですが、

『原子力ムラの陰謀 機密ファイルが暴く闇』

という本を出版させていただきました。

小出さんに書いていただいた帯を紹介させていただきますと、

「まさかここまで汚なかったとは。

原子力ムラの汚さは知っているつもりでした。

しかし、本書に書かれた赤裸々な実態を改めて驚き呆れました。」

 

小出さん
今西さんが丁寧に読み解いて下さった内容に触れて

改めてビックリしました。

 

今西:
現在の原子力規制委員会の田中俊一さんたちは

もともと、原子力ムラにいてたんじゃないかと思うのですがどうでしょうか?

 

小出さん
そうです。歴然とそうです。

 

今西:
田中さんは

原研と呼ばれた日本原子力研究所というところにいらっしゃった?

 

小出さん
そうです。

 

今西:
敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」なんかを推進された方ですよね?

 

小出さん
そうです。

 

今西:
そういう方がトップにおられて、

周りも原子力ムラが多いということでしっかり規制ができるのか、

という質問がきていますが、どうでしょうか?

 

小出さん
できる道理がない、と私は思います。

 

今西:
どうして、こういう方々が規制委に起用されるのでしょうか?

原子力ムラ、改め、原子力マフィアの汚さなのでしょうか?

 

小出さん
そうです。その姿が表れているということです。

 

今西:
私、疑問に思っているのですが、

本来、規制と呼ぶべきではなく、安全と呼ぶべきではないかと思うのですが・・・規制と言えば、これだけやっていれば大丈夫ですよ。

ということになりますが、

安全基準というとこれだけやっていれば、

絶対事故にはなりませんという意味合いになるのではと思いますが・・・

 

小出さん
私は今西さんと反対に思っているのです。

安全基準というのはできない、ということが福島の事故で示されたわけです。

どんなに安全といってお墨付きを与えたところで、

そんなものをもろともしないで事故は起きるわけです。

ですから、

絶対安全なんてということは言えないし、

安全基準はもうできないとそれを認めたからこそ、

安全基準ではなく、規制基準を作ったのだと私は思います。

規制基準というのは、

絶対安全がないのだとすれば、

どこまでなら受け入れることができるか、

社会的、政治的な合意、それを規制と呼ぶべきであって、

その規制基準を彼らが今作ったわけです。

でも、私自身は福島の事故の原因すら分かっていない時に、

そんな新しい基準ができるわけがないと思いますし、

新しい規制基準というのは

正に原子力発電所を再稼働させたい、

というために作ったと思っています。

 

今西:
要するに、原発を再稼働させたいという前提で

新しい規制が決まっているということですね?

 

小出さん
再稼働のためにひとつの道具なのです。

 

今西:
そうすると、規制庁も

原子力マフィアに使われている道具という見方もできるわけでしょうか?

 

小出さん
見方というか、その通りなのです。

日本というこの国には、

原子力基本法という、

原子力の一番の基本を決めている法律がすでにあります。

その原子力基本法には、

平和目的に限るということは書いてありますが、

それ自身が前から嘘だと発言していますし、

平和に限ると書いた上で原子力を進めると書いてあるのです。

ですから、

この日本では原子力を進めるということが

一番の大元になってしまっているわけで、

これまでにあった原子力委員会も原子力安全委員会も、

今できた原子力規制委員会も、

全ては原子力を進めるという大元のもとでの組織なのです。

ですから、

原子力を止めさせるとか、

絶対安全なものがないからこれは難しいとか、

決して言ってはいけないのです。

やる、という下でどうやったら進めることができるか、

そのことしかないのです。

 

今西:
逆に原子力をやめる、

となるとそこの法律に触れるということになってくるわけですよね?

 

小出さん
もともと、原子力委員会という組織のトップは

近藤駿介さんという、東大の教授をやっていた人ですけど、

彼などは、原子力委員会というのは、

原子力基本法の下にある委員会であって、

原子力を進めるというのが職務なのだ、と。

だから、原子力を反対するようなことをやったら、

職務に反するという発言をしたこともあるほどです。

 

 


 

***

 

~フクイチ原発関連・最新報道 ~

 

〔浜通りの線量監視~南相馬・環境放射線センター開所〕

(福島民友 11月17日)

福島県が整備する県環境創造センターのうち、

東京電力福島第1原発周辺や

浜通りの放射線量を測定し、

住民の安全を監視する拠点となる

「環境放射線センター」

の開所式は16日、

南相馬市原町区萱浜の同センターで行われた。

*

開所式には国や県、同市の関係者らが参加。

*

内堀雅雄知事が

「住民が安全安心に暮らせるよう、

しっかりと取り組んでいきたい」

とあいさつ。

*

井上信治環境副大臣、桜井勝延南相馬市長らが祝辞を述べた。

テープカットの後、参加者が施設内を見学。

また、地元住民向けの施設見学会なども開かれた。

*

約1.8ヘクタールの敷地に2階建ての本館と、

放射線計測機器が正確に動くよう調整するための作業を行う

「校正棟」を整備。

県と日本原子力研究開発機構(JAEA)の職員が勤務し、

福島第1原発周辺をはじめ浜通り全域の放射線量を測定して

情報を公開、よりきめ細かな線量把握と情報発信を目指す。

 


 

〔マダコの出荷を一時自粛~いわき市漁協・試験操業〕

(福島民友 11月17日)

いわき市漁協は16日、同市で試験操業検討委員会を開き、

試験操業で漁獲されたマダコの出荷を

一時自粛することを決めた。

*

県の緊急時モニタリング検査で、

南相馬市小高沖で採取したマダコ1匹から、

県漁連が自主的に定めている出荷制限値

(1キロ当たり50ベクレル)

を2ベクレル超える

1キロ当たり52ベクレルが検出された

ことが報告されたことを受け、

決定した。

マダコが同基準値を超えたのは初めて。

*

マダコは、2日に南相馬市小高沖の、

福島第1原発20キロ圏内で漁獲された。

同市漁協は

「試験操業では安全安心が最優先で

試験操業のマニュアルにのっとり自粛する」としている。

*

国が定める食品の出荷制限基準値は

1キロ当たり100ベクレルだが、

県漁連は安全性を重視し、

独自の出荷制限値

(1キロ当たり50ベクレル)

を設けている。

 

 

TKY201109270722.jpg

〔検査前の豆類販売~会津若松市、三島町の2店舗で自主回収〕

(福島民友 11月17日)

福島県は16日、

会津若松市のJAあいづファーマーズマーケット「まんま~じゃ」と

三島町の道の駅「尾瀬街道みしま宿」

の2店舗で、

県が行っている放射性物質検査を受けていない

6地域のアオダイズ、クロダイズ、アズキが販売された

と発表した。

両店舗が自主回収している。

*

販売されたのは、

旧川南村、旧一箕村、

旧日橋村(いずれも会津若松市)

旧旭村(会津美里町)旧宮下村(三島町)

旧川口村(金山町)

の生産。

*

検査前の豆類が販売されるのは10月以降で3例目。

県は18日、

業者やJA関係者らを集め、再発防止に向けた対策会議を開く。

*

まんま~じゃでは

アオダイズなど123袋(1袋300グラム)が販売されたが、

店頭から回収した商品から放射性物質は検出されなかった。

*

みしま宿での

販売数量は調査中だが、

店舗の商品からは放射性物質は検出されなかった。

 


〔福島県の2015年産米、750万点が基準値下回る 野菜なども〕

(福島民友 11月17日)

福島県内の本年産米の全量全袋検査で、

10月末までに検査した約750万点全てが

食品の放射性セシウムの基準値(1キロ当たり100ベクレル)

を下回った

ことが16日、分かった。

このうち

99.99%は

検出限界値未満で、

*

残る約0.01%(392点)は

放射性物質が検出されたが、基準値を下回った。

*

県が、同日開かれた新生ふくしま復興推進本部会議で報告した。

*

県によると、

本年産米の検査は8月20日から始まった。

今後も続き、

最終的には昨年産米と同等の約1100万点の検査

が見込まれている。

玄米は

1袋当たり30キロの検体のほか、

ライスセンター(穀類乾燥調整施設)で管理しているものは

1袋当たり1トンの検体を検査している。

*

会議では

本年度の県産農林水産物の検査結果も

報告された。

野菜・果実、畜産物、栽培キノコも全て

基準値以下となっており、

県内で取り組まれている

放射性物質対策の効果が裏付けられた。

 

 

〔「いわきゴールドしいたけ」首都圏で好調 菌床製造の新工場〕

(福島民友 11月17日)

いわき市のブランド農産物「いわきゴールドしいたけ」を

生産する農事組合法人いわき菌床椎茸(しいたけ)組合

(渡部明雄代表理事)は、

首都圏を中心とするニーズに応え、

将来を見据えた増産態勢を整えるため

新たな菌床製造工場を建設した。

*

現在の約3倍となる年間約230万個の菌床生産が可能となる。

*

19日に「火入れ式」を行い、

来年2月末から3月始めにかけての初出荷を目指す。

*

同組合のシイタケ生産は、

東日本大震災、東京電力福島第1原発事故で

一時操業が止まった時期もあったが、

現在は

出荷量が

震災前の200トンに比べ

2.5倍の年間500トンで推移している。

*

肉厚、味ともに質が高く、

特に首都圏からのニーズがあり、

生産が追い付いていないという。

* 

新工場は、

いわき市勿来町関田須賀地内に鉄骨造り1階建て、

延べ床面積は6075平方メートルで、

培養棟、仕込棟、管理棟などを備える。

敷地面積は1万4813平方メートル。

8月に着工した。総工費は約14億円。

*

新工場は

経済産業省の「津波・原子力災害被災地雇用創出企業立地補助事業」

の認定を受けており、11人の雇用を予定しているが、

それ以上の採用を見込んでいる。

*

また、同組合が設立したアグリ物産は

6次化商品開発

にも取り組んでおり、

「いわきゴールド椎茸焼酎」

「いわきゴールド椎茸うどん」

などが製品化されている。

*

渡部代表理事は

「風評被害に打ち勝ち、地域の活性化につなげていく。

安全、安心な食の提供を通して、

さらに商品の認知度を高め、

一層のブランド化を図っていきたい」

と話す。

 

〔福島県産米、マレーシアへ 初の輸出、販路拡大に期待〕

(福島民友 11月17日)

福島県は16日、

震災前後を通して初めて、

マレーシアに

福島県産コシヒカリ12トンを輸出した

と発表した。

*

20日から

現地のデパートなど約10店舗で販売される予定。

*

福島県産「 米 」の輸出は

これまでシンガポールのみで、

さらなる販路拡大や

原発事故の風評払拭(ふっしょく)へ

期待が掛かる。

*

県によると、

マレーシアの仲卸業者や小売店に県産米を売り込み、

販路を開拓、約1年かけて輸出にこぎ着けた。

*

マレーシアには

福島県産「 モモ 」が既に輸出されているが、

福島県産「 米 」の販路開拓に向けた商談では、

放射性物質の影響を心配する

現地の関係者もいたという。

*

県は風評払拭に向け、

現地に出向いて直接安全性を説明することで

理解を得たという。

*

福島県産「 米 」は

全農県本部が供給し、

福島県産米の安定した取り扱い実績のある

沖縄県の流通業者

を通じて輸出した。

*

店頭では1袋2キロ詰めで販売される。

 

 



 

***

 

~その他・関連報道~

 

***

 

~再生可能エネルギー/少子高齢化/貧困問題 等~

 

***

 

11月  日以降~

848)【芸能人の病気、けが(2011~2014)まとめ~氷山の一角】*保留

 

11月( 日~)

 

 

 

~その他~

〔病死&罹病〕

〔2015〕 

      〔ヨーロッパにおける科学及び環境政策の委員会〕
 
~報告書:「2013年以後の汚染の広がりにおける福島の新たな考察」

20466.jpg20140319223627ba6.jpg

〔神奈川・横浜市の首都高/無人の“炎上トラック”が下り坂を…〕

(日本テレビ系(NNN) 11月17日配信)

17日早朝、横浜市の首都高速道路上でトラックが炎上した。
警察によると、17日午前4時頃、

横浜市西区の首都高速1号横浜羽田空港線で走行中のトラックが炎上した。

運転手がトラックを止め避難したところ、

炎上したトラックが無人のままバックで下り坂を動きだし、

30メートルほど走って中央分離帯にぶつかって止まったという。
トラックが走行中に巻き込んだビニールのようなものに引火したとみられているが、

ケガ人などはなかった。
この火災の影響で、横浜羽田空港線は横浜市の一部区間が一時通行止めになった。

 

〔東京・伊豆大島の沖合/漁船が激しく炎上、船長は無事〕

(TBS系(JNN) 11月17日配信)

17日午後、東京の伊豆大島の沖合で、

男性の船長一人が乗った漁船が炎上しました。

船長の男性は、仲間の漁船に救助されました。
第三管区海上保安本部によりますと、

午後2時半頃、伊豆大島の工事関係者から

「黒煙が上がり、船が燃えている」と118番通報がありました。
燃えたのは総トン数19トンの一本釣り漁船「第五日吉丸」で、

船長の男性1人が乗っていましたが、

仲間の漁船に救助され病院に運ばれました。

船長は煙を吸って体調不良を訴えていましたが、命に別状はないということです。
警視庁によりますと、

第五日吉丸は静岡県の下田港からもう一隻の漁船と漁に出て、

午後2時頃にエンジン部分から出火したとみられるということです。

 

〔神奈川・横浜市/中古車販売店でベンツなど燃える…放火か〕

(日本テレビ系(NNN) 11月17日配信)

17日未明、神奈川県横浜市の高級外車を主に扱う中古車販売店で

火事があり、店舗や高級車などが燃えた。
警察によると、17日午前2時半ごろ、

横浜市港北区の中古車販売店の近所の住民から「燃えている」と110番通報があった。

火は約30分後に消し止められたが、

プレハブ平屋建ての店舗を全焼したほか、展示していた車20台のうち、

ベンツなど7台が燃えるなど被害が出たという。ケガ人はいなかった。
現場は火の気がない場所だということで、

警察は放火の疑いも視野に17日朝から実況見分を行って出火の原因を調べている。

 

〔大阪・八尾市/住宅火災「ポテト揚げていて寝てしまった」〕

(毎日放送 11月16日配信)

大阪府八尾市の住宅で火事があり、

この家に住む22歳の男性ら3人が煙を吸うなどして病院に運ばれました。
男性は「ポテトを揚げていたが途中で寝てしまった」と話しているということです。
午前11時前、八尾市春日町の住民から「隣の家から煙が出ている」と

消防に通報がありました。

火はおよそ2時間で消し止められ木造2階建ての住宅30平方メートルほどが焼けました。
この火事で22歳の男性と、男性の祖母が煙を吸って軽症。

男性の母親が男性を救出しようとした際に転倒し腕の骨を折る大けがをしました。

男性は

「台所でポテトを揚げていたが、途中で寝てしまった。

気が付いたら煙が出ていた」

などと話しているということです。

警察と消防が出火原因を詳しく調べています。

 

〔東京・福生市の保育園/「焦げた臭い」で保育園児ら88人一時避難 火災なし〕

(テレビ朝日系(ANN) 11月17日配信)

保育園児ら約90人が一時、避難する騒ぎとなりました。
17日午後1時半ごろ、東京・福生市にある保育園で

「トイレから焦げた臭いがする」と通報がありました。

通報を受け、東京消防庁はポンプ車など15台を出動させましたが、

火災の事実はありませんでした。

保育園では園児66人を含む88人全員が一時、避難しました。

焦げた臭いの原因は、換気扇のモーターが過熱したことによるものとみられています。

 

〔北茨城市のガソリンスタンド/「静かにしろ」従業員に刃物 覆面男70万円奪い逃走〕

(テレビ朝日系(ANN) 11月17日配信)

北茨城市のガソリンスタンドで、

覆面を付けた男が女性従業員に刃物を突き付け、

事務所の金庫から現金70万円を奪って逃走しました。
警察によりますと、17日午前6時前、北茨城市関南町のガソリンスタンドに

覆面を付けた男が現れ、

外にいた女性従業員(37)をいきなり引き倒し、馬乗りになりました。

そして、刃物を突き付けて「静かにしろ、金」と脅し、

女性を連れて事務所に入り、金庫から現金70万円を奪って逃走しました。

女性にけがはありませんでした。

男は身長170cmから180cmくらい、上下黒の服を着ていたということです。

警察は、防犯カメラの映像を解析するなどして男の行方を追っています。

 

〔東京・大田区のコンビニ店/万引き容疑者を追った店長 車から振り落とされ骨折〕

(テレビ朝日系(ANN) 11月17日配信)

東京・大田区のコンビニ店で万引きしたうえで、

追いかけてきた店長を車で振り落として大けがをさせたとして、26歳の男が逮捕されました。
警視庁によりますと、鈴木優二容疑者は16日午後9時ごろ、

大田区のコンビニ店で、おにぎりなど950円分を万引きした疑いです。

さらに鈴木容疑者は、万引きに気付いた店長の男性が車にしがみついた際、

そのまま車を発進させて車から振り落とし、

鎖骨を骨折させる重傷を負わせたということです。

鈴木容疑者は「万引きはしていない」などと容疑を否認しています。

 

〔栃木・足利市/2歳長男に、たばこを吸わせたとして24歳父親と交際相手16歳少女を逮捕〕

(TBS系(JNN) 11月17日配信)

2歳の長男に、たばこを吸わせたとして

24歳の父親と交際相手の16歳の少女が逮捕された事件で、

2人はフェイスブックで知り合い、少女の家で同居していたことが分かりました。
逮捕された栃木県足利市の無職・羽渕駿容疑者(24)と

交際相手の名古屋市北区の無職で16歳の少女は

今月11日、羽渕容疑者の2歳の長男に、

たばこを吸わせた暴力行為等処罰法違反の疑いが持たれています。
その後の取材で、

羽渕容疑者はフェイスブックで少女と知り合っていたことが分かりました。

羽渕容疑者は今月上旬から少女の家で、少女の母親や兄とともに同居していて、

羽渕容疑者と少女は、

長男にたばこを吸わせている様子をスマートフォンで撮影し、

フェイスブックに投稿していました。

長男にけがはなく、現在は児童相談所に保護されているということです。
調べに対し2人は「遊び半分でやった」と容疑を認めているということです。

 

〔茨城・牛久市の路上/37歳男「女の人とキスしたくて」女子高生に舌出させ〕

(テレビ朝日系(ANN) 11月17日配信)

女子高校生に舌を出させて無理やりキスした疑いです。
中島潤也容疑者(37)は去年11月、茨城県牛久市の路上で、

高校生だった女性(18)に「べーして。3秒でいいよ」などと言って舌を出させ、

無理やりキスした疑いが持たれています。

警察によりますと、

事件直前、中島容疑者は女性が乗っていた自転車の前に飛び出し、

わざとぶつかりました。

そして、「学校とかに言われたくないでしょ」などと因縁をつけて

犯行に及んだということです。

中島容疑者は「女の人とキスしたかった」と容疑を認めています。

 

〔車内に「指定薬物」の小瓶~岡山・倉敷市職員逮捕〕

(日本テレビ系(NNN) 11月17日配信)

危険ドラッグに使われる指定薬物を所持していたとして、

岡山県倉敷市の職員が17日、警察に逮捕された。
逮捕されたのは倉敷市水島保健福祉センターの課長主幹・大橋正和容疑者(52)。

警察によると、大橋容疑者は今年7月、

自分の車の中に危険ドラッグの指定薬物「亜硝酸イソブチル」が含まれた

小瓶3本などを所持していた疑い。
警察では今年4月、

成田空港で大橋容疑者が個人輸入した荷物から「亜硝酸イソブチル」が入った

危険ドラッグ「ラッシュ」が発見されたことから、

税関と合同で容疑者の自宅を家宅捜索、「指定薬物」を押収した。
調べに対し、

大橋容疑者は「指定薬物が入っていたことは知らなかった」と話しているという。

警察では所持していた目的や入手ルートについて詳しく調べを進める方針。

 

〔〕

()

〔〕

()

〔〕

()

〔〕

()

 

 

〔2014〕

〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕

〔2011〕以前(参考)

 

~その他~

〔国外脱出or西日本移住〕等

 

 

~動植物等関連~

〔病死&罹病〕

〔2015〕

〔2014〕
〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕

 

 

20120218040820.jpg

20120710173652.jpg