数値を配列で扱うことはできるが、
実は、オブジェクトも配列で扱うことができる。

ソースコードは以下の通り。

 

class CDF_22
{
  public static void main(String args[])
  {
    String str[] = new String[5];

 

    str[0] = "D-HERO ダイヤモンドガイ";
    str[1] = "D-HERO デビルガイ";
    str[2] = "D-HERO ダイハードガイ";
    str[3] = "D-HERO ダブルガイ";
    str[4] = "D-HERO ディフェンドガイ";

 

    for(int i=0; i<str.length; i++){
      System.out.println(str[i]);
    }
  }
}

 


オブジェクトを配列で扱うには、まず最初に配列を宣言することが必要。
その後、実際のオブジェクトを作成し、配列の要素が
それぞれのオブジェクトを指すようにする。
実行結果は以下の通り。

画像

 

ちなみに、オブジェクトの配列も、多次元配列にすることが可能である。