一般的には写真と言われますが、私は鏡であると考えます。

多くの人は、鏡は自然と表情を作るのでよくみえると言いますが、インカメなんかで
は表情を作ってるはずなのに変ですよね。

圧倒的にカメラだと変という声を聞きますから、鏡とカメラ、両者は別物なのではないでしょうか。

カメラはレンズを通し、スクリーンに映し出すという過程を経るので誤差に誤差が重なり少しぎこちない顔に見えるのでは?

対して鏡は直接反射して映ったものだから、より本物に近いのだと思う。

結論を述べる最も有力な方法は、身近な人に協力してもらい、鏡に映った顔、それから写真でとった顔を見比べて、その人の顔がどう変わるかを研究すること。
自分の顔は自分でみれないので(笑)

私は恥ずかしくてやったこと有りませんがこれが確実な方法の1つであることは確かです。